1963年から現在まで通算35年間L.A在住。日米比較、日系の歴史、生活の変化を書き綴っていきたい。私が遭遇した事件、話題、多くの有名人、ユニークな人たちを紹介したい。私の体験談、提言、情報が多くの皆さんのお役にたてば嬉しいです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年05月08日 (金) | 編集 |

このブログも長いお間、御無沙汰していました。今後は定期的に新記事を更新していく決意です。
このブログは政治とは少し離れて私の青春日記、最近のL.Aよもやま話、私が出会った有名人やユニークな人たちを中心に書き綴っていきます。
なるべく長文にならないように努力するが、書き始めると次から次と思い出したり、話しがそれたりする恐れがあるので、御了承頂きたい。

ヒッチハイクから学んだあの頃「私は若かった」

私が自動車免許証を取得したのが1968年の後半だ。
その前の時代は目まぐるしい光と影がはびこる激動の時代であった。キューバ危機の後、ベトナム戦争が深刻化して、若者の価値観が大きく変わろうとした時代だ。

私が免許証を取得する頃は、ロスアンゼルス高校に通っていた。住んでいたのは西南地区で学校区はドーシー高校。だが、母が経営する洗濯屋に毎日通って、手伝っていたので、ここの住所でロサンゼルス高校に入学した。学校が終わったら、ゆっくり30分かけて徒歩で洗濯屋に向かい、汗ビッショリかきながら、数百枚のシーツの洗濯とアイロンにいそしんだ。

この時代は女性がヒッチハイクするのはあまり見かけなかった。私は2週間に1回くらいヒッチハイクした。いろんな人と接することが刺激的だったからだ。彼らから学んだことも多い。では、どういうタイプの人なら乗せてもらってもいいか、どういう人が危険か説明していこう。
まず、当時の私は15、6歳。見た目と態度は18歳以上のマセた青少年だった。今は逆で、10歳以上若く見られるが・・。

当然の事だが、まず、顔見知りの日系人は安心安全。だが、方向が同じで、目的地が近いと乗せてもらえるが、そうでなければパスされる。
次はオンボロ車に乗った白人で長髪のヒッピー。当時から価値観に縛られず、自由に生きようとする長髪のヒッピーが目立ち始め、主流に加わってきた。彼らの発祥はサンフランシスコともハリウッド近くのローレル・キャニオンとも言われている。

この時代から学校のトイレなどでマリファナや幻覚剤のピルが売られ始めた。私は薬物に関しては、厳格な父の影響で、関心がなかった。買うこともなかったので、中身は詳しくないが、ピルの色がピンク、イエロー、レッドなど色が付いていて、「レッドが欲しいか?」というような売り方をしていた。何人か、いかにもラリっているという若者が校内でも目立ち始めた。
ちなみに「ラリる」とはラリルレロが発音出来ない状態を言う。

当時からヒッピーは価値観に縛られないで自由に生きようとしていた。彼らの多くは自然を愛し、「愛、平和、セックス、自由」をキャッチフレーズに、その後、多くの若者が影響されていくことになる。
だからか、ヒッチハイカーにヒッピーが協力することは、彼らにとって自然なことだった。ただ、気を付けなくてはいけないのは、彼らがドラッグでハイになっているかどうか判断することが重要だ。目がトロンとしているヒッピーには、笑顔で丁重に断る。交通事故に巻き込まれてまでヒッチハイクする意味がない。

ちょっと遅れて日本でもそういった人たちが増え、「フーテン」と呼称されたらしいが、私にはフーテンとヒッピーは別物に思えてしょうがない。
そして次に乗せてくれるタイプで多いのが、ゲイである。気に入った男性を物色し、目をキョロキョロさせながらドライブしている。当時はまだ、彼らは白い目で見られ、ほとんどがカミングアウトしていない時代である。彼らにとって時代的に出会いの場が確実に不足していたのだろう。それも東洋人の若い青少年とはめったに出会うことはない。

まだゲイバーが世間から隠れて店を営業していた時代である。アメリカは70年代に入って急激にゲイ文化が台頭してきた。そして、80年代には彼らは社会から認知されるほど勢いづいた。だが、60年代は日本の方がゲイ文化はオープンだったかもしれない。
言っておくが、私は当時も今もストレートでゲイではない!

ゲイの車に乗ると2、3マイルの短い距離だったら会話にもついていける。だが、5マイルくらいになると話の内容が怪しくなる。彼らはしつこく住所や電話番号を聞いて来る。まあ、慣れてくると、ニコッと微笑み、電話番号を書いてやる。勿論、デタラメの番号だ。

本来、ヒッチハイカーは大通り沿いの、車を停めやすいところで降ろしてもらう。しかし、ゲイは目的地まで付いてこようとする。ストーカー行為は御勘弁願いたいので、こちらは適当の場所で降ろしてもらおうとする。その駆け引きが大変なのだが、この経験が意外と後に生かされてきている。
ヒッチハイクで気を付けなくてはいけないのは、車に同乗者がいる場合はパスだ。運転者一人でないと危険のリスクが高まる。特に男性が2人以上だと、親指を上にあげて車を止めることはない。こういう車は完全に無視する。

見た目が中流階級の黒人の老夫婦はOKだ。こういう人たちからは、いい話が聞ける。リタイヤした学校の先生だったり、リタイアした役人だったりする。何人かはその後、自宅パーティーに誘ってくれた。
一般の白人の車は?まだまだ白人とは距離感がある時代で、車が停まることはまずなかった。
白人女性の2人以上も危険を感じる。この当時、乗ったことがないからなぜかは言えないが、私の動物的本能が私にマズイと知らせてくれる。

何はともあれ、当時のアメリカはちょっと間違えると危険が一杯だった。私は5つぐらいの手作りの武器をいつも携帯していた。おかげさまで使用したことは一度もなかったが、いつも危険を意識して行動していた。口をポカーンと開けて歩いたことは記憶にない。後ろから、横から、前から近づく人にはいつも注意を払って、いつでも反撃出来る準備をしていた。

私はヒッチハイクから、人間観察を学んだ気がする。そして状況判断と空気を読むこと。ちょっとした判断ミスが危険を呼び込むからだ。15、6歳でも多くの社会人たちと接し、車を運転する前から経験値は相当、高くなっていた。

こういうティーン・エージャーが車の免許を取得して、ヒッチハイクを卒業した。次は私が困っている人たちを乗せる番なのだ。そして、私にとって新たな冒険が待ち構えていた。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。