1963年から現在まで通算35年間L.A在住。日米比較、日系の歴史、生活の変化を書き綴っていきたい。私が遭遇した事件、話題、多くの有名人、ユニークな人たちを紹介したい。私の体験談、提言、情報が多くの皆さんのお役にたてば嬉しいです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年10月04日 (土) | 編集 |

あまりにも不名誉な3ヶ月以上の記録的ブログ更新中断で、前回、どこまで書いたか忘れてしまった。何度か記事を更新しようとしたが、書き始めては止めの繰り返しだった。
前回のブログ記事を読んだら、サンノゼ、サンフランシスコ、ヨセミテ国立公園に向かうところで終わっている。
皆さんには申し訳ないが、この続きを思い出しながら書いていく。

結果的にこのサンノゼ、サンフランシスコ、ヨセミテ旅行は、リラックスどころかヒドイ旅行になってしまった。ドライブ中、ノドの乾き、ドライマウス、その上、2、30分おきのトイレタイム。街中ではマクドナルドなどファーストフード店のトイレに何十回直行したことか。サンノゼまで直行だと7時間ぐらいで着くのだが、10時間ぐらいかかってしまった。

ホテルでも夜中、30分おきにトイレタイム。寝たり起きたりで十分な睡眠が取れなかった。もう睡眠不足でフラフラ。猛暑の中、体調は最悪でドライブ中は睡魔が何度も襲ってきた。結果的に1週間のノンビリ旅行を3日で切り上げ、ヨセミテも観光どころか、何十枚か写真を撮って素通りしただけだ。ハイウェーでは度々、路肩に車を停めて立ち小便。見つかったら違反チケットを切られるらしいが、そんなことを考える余裕もないし知った事か。我慢もできない程の強烈な尿意には、ルールや法律など、恥も外聞もクソ食らえという気になる。放尿した後の爽快感は経験者にしかわからないだろう。

L.Aエリアに入る直前にマクドナルドのトイレに直行。自宅までの30分は持たせようと準備万端と思いきやフリーウェイは交通渋滞。自宅に到着する前に2度も尿意のためフリーウエイから出た。暗闇の住宅街でベストの場所を見つけ、周辺を気にしながら一気に放出。
あとで友人から尿瓶やオムツを用意すれば良かったのにと言われたが、出発前には思考力も低下していたのか、そんな簡単な事さえ思いつきもしなかった。

ブログを休刊している間、個人的なメールやメッセージを何百通と書いた。特に体調が良くない時期に、無理して長文を書いたメールの数々は「骨折り損のくたびれ儲け」になってしまった。体調不良で疲れている中、責任感と義務感と私の好意で、情報を提供してやったというのに。こんなにシンドイ思いをして、結果的に何のために書いたのだという思いでいっぱいになった。
最近は正直者が報われないのか?私の生の情報が生々しすぎるのか?これでは結果的に知らん顔していた方が良かったとさえ思う。

まあ、ブログ記事は更新していなかったが、ツイターやフェースブックではどうにか活動を継続している。多くの方々から、御心配のメールをいただきました。この場をお借りして、御礼申し上げます。

糖尿病は恐ろしい。一時は拒食症にでもなったかのようにゲッソリと痩せ、体重が急激に86キロから73キロに落ちた。お腹がへるし、食欲はあるのだが、お尻や脚の肉がそげ落ち、どうなることやらと心配していた。よくタレントなどが拒食症か何かの病気でゲソっと痩せた姿を見て、私とは無縁な事だと思っていた。だが、今では他人事ではないことを実感している。

今回は我ながら、みんなに自慢出来るほど必死で頑張った。お蔭で今は体重が8キロ戻って81キロだ。健康な時は、どれだけ頑張っても減量が困難だったのに、血糖値が最高値に達した頃には、ウソのように体重が落ちていった。今はトレーニングで筋肉を増やしながら体重を増やしているので、体が以前より締まってきた。シコを週に5日、毎日200回踏んで、下半身の筋肉はほぼ張りが戻った。シコを踏むのは下半身強化にもってこいだ。

私は入院せず、処方箋、運動、食事療法で克服した。我ながら、自分自身を褒めてやりたい。御陰さまで、糖尿病を95%は克服したと自負している。
だが、二度目の再発を経験し、糖尿病が油断大敵であることも思い知った。食事療法など日本語と英語で数冊は読み込み、ネットでも検索したので糖尿病に関する知識もついた。

人間、歳を取るといろいろとガタがくるものだ。と言っても原因は私の不摂生と生活習慣の乱れから来ているのだから言い訳にしか聞こえまい。
ネットでの言論活動をやっていると、つい日本の時間に合わせてしまう。そして画面を見つめ続けるので、目が疲れる。ということで慢性の睡眠不足や間食が増え、生活習慣病という、あまり自慢にならない結果となった。ここ数年、アクビの回数が増え続けているが、これは今でもなかなか改善出来ない。

私はどうも怪我には強いのだが、風邪であれ、病気で体調不良になると、体内エネルギーが低下し無気力状態になる。何にもやりたくないモードに突入し、エネルギッシュな本来の自分の姿から遠ざかる。

今まで病気というと腎結石(これは病気ではないが)と糖尿だけだ。年齢の割にはいたって健康体だった。そういう私も年齢とともに免疫力が落ちてきたのか?今までの不摂生で高いツケを払うこととなった。皆さんも気をつけてください。

この後、予期せぬ試練が待ち受けていたとはこの時点で私は知る由もなかった。 (次回に続く)   

 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。